dance place FELICEの思い

ダンスを通じて日々の生活のなかに「FELICE=嬉しい、楽しい」を感じてほしい
心身共に解放できる自己実現のツールとしてダンスを踊って欲しい

こんな思いを実現する場所としてdance place FELICEをオープンいたしました

dance place FELICE 

代表 加藤義人

加藤義人


高校生の頃、テレビで芸能人が社交ダンス部を設立し必死に練習して
大会に出場するという番組を好きで毎週欠かさず観ていました。
その頃の私はダンスなどもちろんやったことがなく、
テレビの中の出来事としてでの認識です。

大学に入り、まさかの社交ダンス部に勧誘を受けます。テレビで見ていた世界がこんな身近なところにあるのか⁉という思いから体験会に参加し、パーティダンスを先輩から習ったのを今でも覚えています。全く知らない未知の動きを練習することで、
音楽に合わせて、そして相手ともに踊れるようになっていくことが楽しくて、
どんどん社交ダンスにハマっていきました。

もともとは弁護士になりたい!
といって岐阜の片田舎から東京の大学に進学したにもかかわらず、
大学卒業時にはその道に突き進んでしまう魅力が、ダンスにはあると思います。

私が思う魅力の一番大きなものは、

「自己実現ができる」

  つまり、

「自分がこうなりたいを追求できる」

だと思います。

・健康でいたい(=ダンスの運動量は相当なものです)
・人から注目されたい(=人前で踊る機会は無数に!)
・きらびやかなドレスを着たい(=素敵なドレスがたくさんあります)
・仲間と楽しく過ごしたい(=同好の士はたくさん♪)
・音楽を表現したい(=そもそもそれがダンスです)

など…

自分がこうしたい、こうなりたいを実現するツールとして社交ダンスは最適なものです。

ダンスを通じ自分のしたいことを実現し、毎日の生活の名に「楽しい・嬉しい」と感じる瞬間のお手伝いを私たちにさせてください!

dance place FELICE代表
加藤義人